スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

ことしもぐだぐだ……ま、病気にならないことくらいを目標にいきますか。
よろしくお願いいたします。

さて、昨年の秋、あたらしい「家族」がやってきました。

160101-01.jpg

あき恵(♀)

160101-02.jpg

た助(♂)

です。生まれたのは8月半ばくらいでしょうかね。いま、4か月半くらい。

160101-03.jpg

すごいかっこうで寝ています。(・Д・)ノ

わが家の周辺からにゃんこがいなくなって気落ちした同居人が、お世話になっている所沢の動物保護グループに相談したんですわ。
そしたら、「ちょうど保護してすぐの子猫が4匹いるよ」と。

最初はそのなかから2匹をピックアップする予定だったんだけど……。
いってみたら、親もいっしょに保護されていて、みなさん絶賛おっぱい時間(1匹だけはすこしはなれて寝てましたが……)

この状態で、2匹をピックアップする(ひき離す)のは、わたしには無理っす……。

そういうと、「じつはまだ保護していないんだけど、同じくらいに生まれたきょうだい(4匹)がいる」んだと。しかも、そっちはどうも母親が育児放棄しているみたいと(ときどきは見にくるけど、子猫が近づこうとすると威嚇するんだとか)。

見にいきますか。

場所は、埼玉県の所沢市と小手指市の境目あたりのマンション。じつは、先に保護された4匹+母親もここからやってきた(先のは建物の北側に流れてきて、寒そうだったので先に保護。南側のは、日当たりがいいし、あそぶところもけっこうあるので、北側の子がもらわれてから保護しようということになっていたらしい)。

庭先に寝床やメシを用意して見守ってくれているお宅におじゃまして、そこから外を見ると……

4匹が遊んでいます。

「どれがいい」なんて、この時点で判断できるわけない。で、「つかまえた順番で、最初の2匹!」

最初に、黒のオス(帰りの車のなかで「た助」と命名)、続いてサビのメス(同「あき恵」と命名)を確保。帰ってきたら、その足で動物病院にいって検査。うん、病気(猫エイズ、白血病)はありませんでした (*^_^*)。

以後……こいつらがわが家の大将 (^◇^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BooksSola

Author:BooksSola
 
企画・編集・制作工房 本作り空 Sola

のんびりやっていきたいもんです。仕事も、日々の生活も。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。